2013年度開催セミナー

第13回NCLセミナー「創造する脳~音楽と情動の調べ」

■開催趣旨 

私たちの生活は音楽にあふれています。最近では、音楽による情動への影響に関する研究が活性化し、音楽の力を考えるうえで、本分野はとりわけ興味深いテーマとなりました。

今セミナーでは、最初に、情動情報研究の第一人者 岡ノ谷一夫先生より、人間はいかにして芸術行動を為すようになったのか、人間はなぜ芸術の美的価値を進化させてきたのか、人間だけの芸術の特異性について最新の知見をお話いただきます。併せて、音楽から影響を受けて生じる情動のメカニズムとはいかなるものか、音楽情動の歴史と理論、測定法、脳を含む生理的・心理的知見を解説いただきます。
次に、作曲家・メディアアーティストの古川 聖 先生より、音楽情動の知見を創作に応用できる画期的な方法、脳波による作曲システムを披露いただきます。音楽情動の理解が個人と社会のためにどんな楽しい世界を創っていくのか、その未来を皆さんとご一緒に体感してまいりたいと思います。
加えて、本年度のNCL創造性研究奨励賞の授賞式では、受賞者それぞれの素晴らしい研究テーマへの賞賛と今後の発展的研究への奨励をいただけましたら幸いです。 

NCL理事長 多根伸彦

●日時)2014年3月18日(火) 13:00~17:00

●会場)東京都立産業貿易センター 浜松町館 M3階 第3・4会議室

(東京都港区海岸1-7-8 東京都立産業貿易センター 浜松町館)

 

●開催プログラム)

13:00~13:15 開会にあたって

【第Ⅰ部】

13:15~14:15 講演「脳の機能局在と創造性」

北澤 茂(大阪大学生命機能研究科ダイナミックブレインネットワーク研究室 教授)

14:15~14:45 NCL研究者支援「創造性研究奨励賞」授賞式

14:45~15:00 <休憩>

【第2部】

15:00~16:00 講演「iPS細胞を用いた加齢黄斑変性治療開発計画」

鍵本忠尚(アキュメンバイオファーマ株式会社 代表取締役社長 兼 CEO)

16:00~16:50 クリエイティブ・ディスカッション「長寿先進社会と起業家精神」

進行:金沢工業大学 特任教授,NCL副理事長(研究開発担当) 鈴木良次

16:50~17:00 閉会のご挨拶

ダウンロード
第13回セミナー案内.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 547.1 KB

*定員に達しましたのでお申込みは終了しました。たくさんのお申込みありがとうございました。

ダウンロード
産業貿易センターへのアクセス.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 425.5 KB


第12回NCLセミナー「創造する脳~手と人間の歴史と未来」(講演とワークショップ)

 

■開催趣旨

身体的に劣る人類が生き延びることが出来たのは、進化の過程で、二足歩行とともに自在に使いこなすことが出来る手を獲得し、その延長として、道具や技術を開発したからと考えられています。
しかし、それは脳との共進化の賜物です。手や道具を使いこなすには優れた脳が必要です。一方で、優れた脳は手を含めたよい道具があってはじめて育ちます。これが共進化です。  

今回のセミナーでは、長年、手と脳の研究に携わってこられた神経学の医師でありノンフィクション作家でもあるフランク・R・ウイルソン先生をお招きし、ご講演ならびにワークショップのご指導をお願いしました。

このセミナーでは、皆様に、人類の手がモノを創り出すことができる如何に優れた道具であり、それを使いこなす脳が如何にすばらしいかを実感していただきます。
一方で、現在、私たちを取り巻いている道具や機械が、脳の発達にどのような影響を与えているかも考えなければなりません。生物の生き残り戦略や人類のさらなる進化のために、今、私たちは子どもたちのために何を伝えていかなければならないのでしょうか。手から生まれる創造性やコミュニケーションの未来についてもご一緒に考えていきたいと思います。

NCL理事長 多根伸彦

 

●日時)2013年11月8日(金) 13:00~17:00

●会場)東京都写真美術館1F 創作室

(東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内)

●開催プログラム)

13:00~13:15 開会のあいさつ

13:15~13:30 「イントロダクション」        アズビーブラウン氏(KIT未来デザイン研究所所長)

13:30~15:00 講演「手と脳の創造的なはたらき」  フランク・R・ウィルソン(医学博士)

15:00~15:15 <休憩>

15:15~16:45 ワークショップ「手が創作する物語」    フランク・R・ウィルソン(医学博士)

16:45~17:15 作品発表とフィードバック      フランク・R・ウィルソン(医学博士)

17:15~17:30 閉会のあいさつ

ダウンロード
第12回セミナー案内.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 366.7 KB

*定員に達しましたのでお申込みは終了しました。たくさんのお申込みありがとうございました。

ダウンロード
写真美術館への案内図.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 65.8 KB


第11回NCLセミナー「創造する脳~女性の直感が世界を変える」

 

世界から見た日本の女性の評価はトップクラスにあります。
日本人が古代から海外の進んだ文化を取り入れ、それらを独自に美しく磨き上げ、質の高い生活文化に昇華させてきたのは、ひとえに日本女性の直感の力に負うところが大きいのではないでしょうか。しかし、グローバリゼーションや金融資本主義に翻弄され、さらにマスメディアによる操作された情報に惑わされ、日々の生活に不安や焦燥を抱えているのも、また日本の女性なのかもしれません。
今回のセミナーは、そんな日本女性の現状をサポートするために、この時代をどう生きるべきか、その基本的な思考や行動のスタンスを知ることができる、女性のためのセミナーをめざします。
最初の講座では、性差の脳科学を正しく踏まえた上で、日本社会が、男性主導の社会から望ましい男女共同参画社会へどうランディングしていけばよいのか、そのあり方を探ります。
次の講座では、来るべく最後の金融資本主義の荒波にそなえ、女性として正しい金融のファンダメンタルの知識やリテラシーをどう持てばよいのか、その手がかりを探ります。
また、その後の新しい価値観の時代へ向け、女性の直感とパワーを生かした日本人だからこそ創れる新しい社会経済システムとはどのようなものかをディスカッションから見出していきたいと思います。
男性諸氏も必聴です。皆さまのご参加を心よりお待ちいたしております。  

NCL理事長 多根伸彦

 

 

●日時)2013年8月21日(水) 13:00~17:00

●会場)金沢工業大学 東京虎ノ門キャンパス

(東京都港区愛宕1-3-4 愛宕東洋ビル13階)

●開催プログラム)

13:00~13:15 開会のあいさつ

13:15~14:30 講演「創造性と想像性~男女の違いを活かした社会へ」  大隅典子氏(東北大学大学院医学系研究科 創生応用医学研究センター・脳神経科学コアセンター長 発生発達神経科学分野・教授)

14:30~14:45 休憩

14:45~16:00 講演「金融資本主義の激動期をどう生き延びるか」  岩本沙弓氏(金融コンサルタント・経済評論家・大阪経済大学経営学部客員教授)

 

 

ダウンロード
第11回NCLセミナーご案内.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 496.6 KB

*定員に達しましたのでお申込みは終了しました。たくさんのお申込みありがとうございました。

ダウンロード
虎ノ門キャンパス会場アクセス.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 385.8 KB