2011年度開催セミナー

第8回NCLセミナー「創造する脳~「みる」という豊かな世界を観る」

●開催趣旨

 私どもは、日々「みる」という視覚的体験によって、外界を知覚し行動に移しています。

眼は脳の一部といわれ、長寿先進社会の中で、この「みる」という行為は、若さ・美しさ・豊かさを享受していくうえで欠かせない要素であります。

 今回は、眼から脳への情報入力を曇りないものにする方法として、また長寿先進社会の先端医療として、白内障手術の変遷と現状をご紹介するとともに、その体験談もご報告します。後半では、眼から入力された視覚情報がどのように脳の中で内部表現され、記憶や思考、そして創造性へつながっていくのか、その豊かな視覚脳のメカニズムにせまります。きっとあなたの中で、今まで見えていなかったものを観ていただけることと思います。

NPO法人ニューロクリアティブ研究会 理事長 多根伸彦

●日時)2011年7月30日(土) 13:30~17:00

●会場)富士ソフト アキバプラザ6階 セミナールーム1

    (〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフト秋葉原ビル) 

    👉http://www.fsi.co.jp/akibaplaza/cont/info/printmap.html

●開催プログラム)

13:30~13:45 開会にあたって

13:45~14:45 講演「白内障手術の変遷」 

三井記念病院 眼科部長 赤星隆幸

14:45~15:00 体験談「脳に掛ける眼内メガネ」

         NCL発起人・副理事長 多根弘師

15:00~15:15 水晶体撮影機器の体験、質疑応答

15:15~15:30 <休憩>

15:30~16:30 講演「モノを見る脳の仕組み~物体像の脳内表現」

独立行政法人 理化学研究所・脳科学総合研究センター・シニアチームリーダー 谷藤 学

16:30~16:45 質疑応答、ディスカッション

16:45~17:00 閉会にあたって

ダウンロード
第8回NCLセミナーのご案内.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 346.4 KB

*定員に達しましたのでお申込みは終了しました。たくさんのお申込みありがとうございました。

ダウンロード
第8回セミナー会場.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 260.9 KB